アラサー事務員が3,000万円で目指すFIREへの道のり

Today is the first day of the rest of your life

【メンタル】もし大切な人が死にたいとつぶやいたら渡したいもの 【脳の伝達物質】


こんにちは、あきです😃
タイトルがシリアスめですが、お付き合いいただけたら嬉しいです(^-^;

もともとうちの家系は精神的に弱いようで
祖母→鬱疑い
母→ヒステリー(今は別人のように穏やかw)
兄弟→鬱(現在は治った)
私→自律神経失調症統合失調症→鬱疑い

という感じです。
兄弟が鬱になったとき、いまにも死にそうでハラハラしました。
母もそんな彼の監視で仕事を辞めたりで大変でした。

今症状があるのは私だけだと思いますが、

・とにかくイライラ
・誰かが笑ってると自分の悪口だと感じる
・無気力
・心から笑えない
・心から嬉しいと思うことが何もない
・最近はお笑い観ても笑えない
・焦燥感 
何かしてないといけないという念に常に駆られる
・幻聴(サイレンの音や繰り返し何らかの音が聞こえることがある)
・寝たらもう起きたくない
・仕事へはベッドから這いずって用意してギリギリ到着

という状況です。
このままだとヤバいと思い、常備薬を先週から頓服しています。
私はオオサカ堂さんで購入しています。
海外輸入品なので今は円安で相対的に値上がりしているようですが^^;


名前:オキセチン
効能:セロトニンを減らさない
効果:
・ザワザワした頭のノイズが消える
・穏やかな気持ちになれる
・嫉妬の念が薄くなる
・死にたい・消えたい気持ちが薄くなる
・自分を客観的に見える
・食欲を抑える効果があるようで、いらないものをたべなくなってちょっと痩せる(笑)

以下オオサカ堂HPより抜粋

オキセチン(Oxetine)は、フルオキセチンを成分とするプロザックジェネリックで、SSRI選択的セロトニン再取り込み阻害薬)型新世代抗うつ剤の1つとして、うつ病強迫性障害過食症等の治療に使用されています。

SSRIとは、通常、脳内の神経伝達物質であるセロトニンシナプスにおいてセロトニン受容体に再取り込みをされますが、セロトニン受容体に選択的に作用し、セロトニンの再取り込みを阻害することで脳内のシナプスにおいてセロトニン濃度を高めることができ、うつ症状を軽減する働きにつながります。

強いショックやストレス環境におかれた場合、脳内の神経物質であるノルアドレナリンセロトニンの働きが弱くなります。セロトニンは脳内のドーパミンノルアドレナリンの暴走を制御する働きがあるため、セロトニンが不足することによりうつやパニックを引き起こす可能性があるため、オキセチンなどのSSRI抗うつ剤を使用することで、セロトニンの濃度を高め、不安や緊張した気分をほぐし気持ちを落ち着かせる働きが期待できます。

オキセチンは、脳内において一度放出されたセロトニンが再び神経線維に吸収されることを選択的に防ぐ作業機序により、脳内のセロトニンが再吸収されるのを抑制し、脳内セロトニン量が減少することを防ぐため、セロトニン量にも左右されるうつ症状の改善が期待できる薬です。


1日おきに朝食後飲んでいますが、2回ぐらいから全然違います。
もし、周りに死にたい、とつぶやく人がいたら迷わずこれを勧めます。
まぁ、症状によって合う・合わないはあると思うので本来なら自己判断でなく、まず病院で診断受けてからと思いますが。。。
精神疾患は、生まれつきのもあると思いますが後天的なものは脳の伝達物質過剰又は不足です。
それを正常にしさえすれば、本来の自分を取り戻すことができると考えています。
鬱の症状は自分のせいではなく、脳の伝達物質の異常だと気付いてほしいです。

もし興味ある方おられたら、どうぞ↓
オオサカ堂HP
オキセチン(プロザックジェネリック)通販 | 効果 | うつ・統合失調症 | オオサカ堂

fire3000.hatenablog.com