アラサー事務員が3,000万円で目指すFIREへの道のり

Today is the first day of the rest of your life

【節約】節約で心掛けていること 10選 (前編)

f:id:fire3000:20211202235521p:plain節約で心掛けていること 10選 (前編)

久しぶりの投稿になりました^^;

「~のための〇〇選」っていう記事を書いてみたかったんです(笑)

借金約500万円を払うために私が実践したことを書いていきます。

 

1.エンディングノートを書く

2.不用品の処分

3.メルカリなどで不用品を処分する

4.格安SIMを契約

5.現金の引き出しは月1回

6.借金は繰り上げ返済する

7.クレジットカード払いでポイ活する

8.投資をする

9.嫌いor活動していないグループラインから抜ける

10.テレビを捨てる

 

1.エンディングノートを書く

自分の持っている財産をプラスであれマイナスであれ整理するために書きました。

自分の来歴や親族、友達の情報から借金の借入先・額、車や家などの資産と額を記入するものです。

なぜ書くといいかというと、自分の人生(半生)の整理になるからです。

自分が友達と思っている範囲や、資産の状況を再度確認することで頭がスッキリし、必要・不要なものの区別がクリアになります。

公的サービスで「自筆証書遺言書保管制度」というものができています。

遺言書を法務局に1通3,900円で預かってもらえるサービスなので紛失・改ざん、自分の意志を遺したい方にはピッタリのサービスなので私も今後利用する予定です!

 

 

 

2.不用品の処分

汚い服、使用していない調理器具、シミのついたキッチンマット、重くて使い勝手の悪い家具^^;

部屋を見渡せば、自分の生活に不要なものだらけでした。

一日、範囲(今日はクローゼット、今日はキッチンなど)を決めていらないものをかき集め、捨てました。

ベッドも捨てました。

理由は、下にホコリがたまることと、別にスノコだけでも通気性がよくなるのでベッドフレームは不要ということに気づいたからです。

最終的に手元に残ったのは、

〇便利家電(時短になるもの)

 電子レンジ、冷蔵庫、電気ポット、洗濯機

〇社会的に必要なもの

 仕事服、下着、鞄、傘、メイク用品、通帳、キャッシュ・クレジットカード

〇生きていくうえで必要なもの

 調理器具、衛生用品

〇生活を豊かにするもの

 机、ソファ、PC、電子ピアノ、ベッド下のスノコ、照明兼アロマディフューザー

こんなものでした。これで十分です。

 

3.メルカリなどで不用品を処分する

不用品の中にはまだきれいなものもあったので、メルカリやラクマで売りました。

・美容家電

・パンプス

・香水

・フィギィア

・本

このあたありを売ってざっと合計3万円ぐらいの売り上げでした。

捨てるよりはお金になり良かったものの正直、売る手間も面倒だし、買った値段と売れた値段の差額が大きかったので今後不用品は一切買わないぞ!という教訓を得られました(笑)

 

4.格安SIMを契約

私はかなり色んな携帯会社を渡り歩いて(?)来ました。

audocomo楽天モバイル→mineo←NEW!

楽天経済圏で生きているので、大手キャリアより楽天モバイルの方がポイント面でお得だし、2,980円/月で済んでいて満足していましたが。。。

でも逆に言えば、動画毎日数時間視聴とか、バリバリSNSやっていない自分にとっては割高でした。それと田舎で楽天回線エリアではないので、お得感がありませんでした。

今はmineoに移行し、1,518円/月(5GB)になりました。

単純に楽天モバイルの半額で済んでいます!特に回線の不具合もなく、快適です。

田舎で楽天モバイルの回線圏外、しかもヘビーユーザーでない方はmineoありだと思います。

 

 

5.現金の引き出しは月1回

私は給料日以外はATMに寄り付かないよう、心掛けています。

急な出費(冠婚葬祭)の場合は寄り付きますが(笑)

理由:①手数料が発生する

   ➁手数料が発生しない場合でもコンビニなどのATMだと誘惑に負けて買い食いで    

    散財する恐れがある

   ③月に定額のみ下すことで、その範囲内で生活するように自分にインプットでき

    る

今、家賃・生活費(光熱費と家の食費と職場のお弁当代)・通院費・お小遣い合わせて大体65,000円なので、その範囲で生活するようにしています。

他の車の保険代、ガソリン代、携帯通信料などはクレジット払いなのでその分も口座に残してあとはノータッチするだけです。

余計なことをしないだけでお金って貯まるんですね^^;

 

次回は、後編について書こうと思います。